センター試験

進学指導重点校なのですが、毎年音大受験生がいる高校

私の通っていた都立立川高等学校は、今は知りませんが、
当時は毎年音大受験生がいました。

一応「進学指導重点校」なので、名のある国立大学や、
有名私立大学を受験する人がマジョリティでしたが、
稀に就職する子もいたし、私のように芸術系へ進む者もあれば、
専門へ進んで手に職つけるしっかり者も・・・。

そういう「個々人の決断」を認めてくれる良い高校でした。

 

音大受験生は、大体2人前後。

私の同期でももう1人、
声楽科でイギリスの音大を受験する子がいました。

音楽の先生が補講を実施してくれました

普通の公立高校では
なかなかここまで手厚くフォローしてくれないと思うのですが・・・。

そんなわけで、なんだかんだ毎年音大受験生がいるもんで、
音楽の先生が月に2,3回程度の特別補講を開いてくれました

むっつり系の先生で、私はちょっと恐れていたのですが、
親切にあやかって、高校で実施している補講の中で
唯一これだけにはまじめに参加しました。

 

内容は主に音楽の「座学」

補講の内容は、主に「楽典」で、
要するに音楽の基礎知識的な部分の強化でした。

実技は勝手にやっとけ、というスタンスで、
音楽なのにひたすら座ってお勉強でした。

属調だの、下属調だの、平行調、同主調だの・・・・・・
呪文のような専門用語にさんざん苦しめられ、
苦手な調性判定も訓練させられ、
なかなかにスリリングな補講でしたが、
おかげさまで苦手つぶしには役立ちました。

高校時代、赤点

先生自身はチェロ弾き

専門、というわけではないのですが、
チェロを弾かれる先生で、ピアノはちょっと苦手でした。

だから「聴音」という課題の訓練は
ほとんどやってもらえず・・・。

今思うと本当に「楽典」ばっかりで
「新曲視唱」もほぼゼロだったな・・・と。

 

まぁ、いいんです。

私も同期の子も新曲視唱は
ほっといてもできたんで。

先生のチェロの音、繊細で
なかなかにステキな響きだったのを思い出します。

しかし・・・
私が入っていた弦楽合奏部にはほとんど来てくださらず、
専ら吹奏楽部にばかり顔を出していらしたのはこれいかに・・・!

まとめ

この音楽補講の最終課題として、
試験直前にコンサートをしたのですが、
それはまた追って・・・。

受験記はまだまだ終わりません・・・!