f70ffe00177307fdb7df0111caefd519_s

漢文って何?中国語なの?何なの??

という状態でした。

超失礼なヤツ。

たまたま高校2年生頃の古典の先生が、
古典LOVE!な先生で、
それはそれは楽しそうに授業されていて、
その姿を見て「へえ、そんなに楽しいのか~。いいなぁ」と
ぼんやり思っていたはずだったのですが・・・・・・。

そんな私はどこへ行った!?状態。

中学でレ点とか何とか、勉強した気はする、
というおぼろげな記憶しかありませんでした。

とりあえず読む順番をマスターするところからリスタート

6817aa2aaae4b0b77cd4b3fdac069e5a_s

音楽でいう楽譜もそうですが、
基本的な読み方が分からないんじゃ、
意味もへったくれもありません。

中学の時のおぼろげな記憶を呼び覚まし、
さらに高校漢文で新たに追加された
読み方も加えて、徹底復習!

いや、まさか高校受験時に使っていた参考書と
問題集を引っ張り出してきて使う事になろうとは
・・・。

保管しておいて良かったです・・・。

読み方は分かったものの・・・出てきた文章、古文かーい!

そう、読み方、読む順番が分かりました。

文章が文章として浮き出てきます。

そこまでは良かったのです。

しかし・・・
まぁ・・・
分かっちゃいたけどさ・・・

分からん・・・(ちーん)

なんだって組み立てた文章が古文なんだよー!
(当たり前だけど)

と八つ当たり(笑)

そうなのです。

そこが問題なのです。

漢文は、読み解いても、古文なのです。

だから古文が分かってないと漢文も

ちんぷんかんぷん

そして古文の奮闘劇へ戻る・・・

e686c325ee841df945be8abfa8aa884c_s

というわけで、古文の文法と
ボキャブラリーの修行に立ち戻って、
そこを強化するしか成す術無く・・・。

お蔭様で漢文も、
古文と同じく6割型の理解度で
本番に臨む事になりました。

まとめ

そうは言っても、漢文の方が、
問題として取り上げられている文章が短く
簡潔なものが多かったので、
ある意味で、古文よりも点数は
取りやすかったのかもしれません・・・。

さて、続きまして最大にして
最強(恐?)の世界史でございます・・・