gahag-0019898358-1

お多感な高校生という年齢

高校生です。

ティーンエイジャーです。

ガラスの十代です。

もうね、色んな事に興味を持ってるし、
色んな妄想とかしちゃう時期です。

それでいて、受験生。

 

悶々するじゃない。

ムラムラするじゃない。

それで良いのよ、人間だもの。

なんかみつを氏みたいになってしまいましたが、
そんな年代ですよね、高校3年生。

ある模擬試験が終わった後の話題

ある日、我々高校3年生一同は
とある模擬試験を受けました。

まぁ、大体模擬試験が終わると帰り道に友人同士で
「どこが難しかった」だの「あの問題の答えは?」だの
「全然できなかった」だの、感想を言い合うわけです。

 

この日の模擬試験終了後は、
なんだかいつもと空気が違いました。

ん・・・?なんだろう、
この、妙に蒸し暑い雰囲気は・・・??

偶然そばを通った方々は
きっとこう思ったことでしょう。

それもそのはず、
みんな妙に興奮して「とある課題」の話ばかり
していたのですから。

gahag-0112638410-1

現代文の題材で取り上げられた「ちょっとだけムフフな文章」

問題の課題は、現代文の「小説」でした。

説明文と小説の2種類が
長文読解の問題として出題されますが、その小説の方。

とりあえず、汗だくになって走っていた女性と一緒に屋根裏部屋に入り込み、
そこで2人きり・・・
という鼻息荒くなるシチュエーション。

しかもなんか、直接的な表現は無いものの、
すんごく卑猥な雰囲気!!

この辺で世の受験生たちは
軽く脳震盪を起こしかけておりました。

私ももちろんその一人。

こんな文章出して大丈夫なのかねぇ・・・」と思いつつ
粛々と解答していきましたが、
やはり皆同じ事を思っていたようで・・・。

模擬試験終了後は、
もうその話題でもちきりでした。

後日談:大学生の時、まさかのデジャヴ!

で、この話には後日談がありまして、
大学生の時、何気なく手に取った小説を読んでいたら、
明らかに知っている、読んだことのある文章が!

これ・・・!あの時の・・・!!

なんか感動的でした。

ちなみに、出所は原田宗典さんの「十九、二十」でした。

大学生になって、しかも全文を読むと、
また捉え方が全然違うものになっていて、
ぼんやりと自分の成長(っていうか老化?)を実感したり、
しなかったり・・・