ソ・・・ソ・・・ソン・ツェン・ガンポ

ある夜の恐怖体験

ある日、私はベッドに潜り込みまどろんでおりました。

心地よい眠りに落ちようとしたその時です。

ソン・・・ソン・・・ソンツェンガンポ・・・

という単語がどこからか
聞こえてきたような気がしました。

 

空耳なのでしょうか。

それとも私の内なる声なのでしょうか。

そして困った事に、
私はその「ソン・ツェン・ガンポ」が
一体何なのかさっぱり思い出せなかったのです。

ナニ!?何なの??
人なの???

絶対聞いた覚えがあるし、書いた覚えもあるけど、世界史??
どこの国のいつの時代に出てきた・・・?

ぬおぉ・・・!!

ベッドの中で悶絶する私。

あきらめてムクリと起き上がり、
PCを起動し、調べました。

 

これで解決。

ぐっすり眠れる・・・かと思いきや、
こんどは「あれ、ヴァレンヌ逃亡事件って何年だったっけ・・・?」がぐるぐる・・・。

「職業病」ならぬ「受験生病」

そう、これが世にも恐ろしい「受験生病」なのです。

何者かに取り付かれたかのように
受験用語が頭の中でエンドレスループ。

それは何も世界史だけに限った話ではございません。

英単語「evidence」の意味が出てこずにのた打ち回ったり、
数学の公式に突然自身が無くなったり、
あらゆる科目で起こりうる恐怖の病なのです!

数学

回避法はナシ!?応急処置方法と治療法について

この突発的な病に回避方法、
予防方法はございません。

どんな時も突然首をもたげて、
我々受験生を未曾有の不安感でいっぱいにしてやろうと
虎視眈々と狙う病魔が潜んでいるのです。

一方で睡魔との激闘を繰り広げる中、
後方から忍び寄る「受験生病」の影・・・。

 

ひいぃぃ!

もし奴らにかかってしまった時には、
応急処置方法としては「その謎のワードをメモっておく」のが一番です。
明日調べよう、とか、今度友だちに聞こう、とか、
心に余裕ができます。

根本的な治療法は、これはもう言わずもがな、
勉強、復習を徹底する事
です。

気になる事は片っ端から解決していき、
「知識」として身につけてしまえば、
何も怖いものはございません。

まとめ

そう、ピンチはチャンス、なのです!

逆に
「あれ、ソン・ツェン・ガンポって何だったけ?まぁいーや。寝よ」
というタイプの方は、あきまへん。

そのようなタイプの方も、
応急処置法の「とりあえずメモる」を実践し、
メモッたものは必ず解決するように努力しましょう!

そうしないと、自覚症状がないまま試験当日になり、
「あああ、これ、聞いた事ある単語なのに何にも思い出せねー!!」
となりますよ(フフフ