センター試験

もともとどちらかというと夜型だった私

夜は比較的強い方でした。

逆に母は完全に朝方

子どもの時からの筋金入りらしく、
20時台に入ると睡魔に襲われ、ひとまず寝て、
翌朝3時頃起きて勉強する学生時代を過ごしたとの事。

し・・・し・・・しんじられん。

 

対する私は日付が変わって
ようやくエンジンがかかる始末。

第一朝にめっぽう弱く、
25,6時に寝て6,7時に起きる事はできても、
かといって21,2時に寝てもやっぱり6,7時に起きちゃう、
という困ったちゃんだったので、
夜頑張るほか無かったわけです。

それでも襲い来る睡魔

いくら夜の方が強いとはいえ、
それでも2時3時ごろになってくると、
朦朧としてきて眠くて眠くて仕方がなくなります

睡魔がいつも眠りの崖に落とすべく目を光らせているのを感じ、
どうにか振り払おうとしても、
ずるずると引きずりこまれてしまいそうに・・・。

gahag-0008038543-1

色々試してみた

色々試してはみました。

軽く身体を動かす、とか。

教科を変えてみる、とか。

声に出して勉強してみる、とか。

もちろんコーヒーも飲んだし、
栄養ドリンクや目が覚める
怪しげなクスリにも手を出しました。

それでも、ネムイ・・・。

そしてついに辿りついた「タールコーヒー」

そして、私はついに境地へ。

自ら名付けた「タールコーヒー」という、
読んで字の如くタールのように
ドロドロな濃さのコーヒーを入れて飲むようになりました。

通常の2,3倍の濃さなので、胃が痛みましたが、
そんなの構わず飲みました。

おかげで睡魔撃退はできましたが・・・
よく胃に穴が開かなかったと思います。

gahag-0099365813-1

まとめ

良い子は絶対に真似しないでください。

健康第一!

本当に、そのひと言に尽きます。