%e6%a5%bd%e8%ad%9c%ef%bc%88%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%9e%ef%bc%89

試験曲からの解放

ベートーベンのピアノソナタ、好きな曲でしたが、
それでも試験まではこの曲に一点集中で取り組んできたので、
そろそろ違う曲が弾きたくなるところ。

うちに、ベートーベンのピアノソナタ全集の上下巻がありまして、
それぞれ3,4cmの厚さのずっしりした楽譜なのですが、
それと同じぐらい分厚い「ディズニー音楽全集」という、
これまた上下巻の楽譜があります。

 

このディズニー全集、片っ端から弾きました。

もう、楽しいの、なんの♪♪

更に調子に乗った私は楽器屋さんに出向いて、
新しいディズニー音楽の楽譜を数冊買い込んで、
それも片っ端から弾いて遊びました♪

4月の発表会で取り組む曲は久々のショパン

さて、2月末に本命国立大学の入試が終わり、
私の通うピアノ教室の発表会は4月末のスケジュールでした。

2ヶ月あります。

受験期はベートーベン一色、その前も、
受験のためにモーツァルトの修行なんかをしていたので、
私は飢えていました

そう、ピアノの詩人、貴公子ショパン様に

そして、2ヶ月しか準備期間が無いというのに、
まさかのショパンの
「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」
を選曲!!

たまたま2台ピアノができる発表会だと聞いていたので、
先生に室内オケパートを弾いていただく事になりました。

人様のお力まで借りる手前、逃げ場、ナシ。

英語リスニング

そして猛烈に練習しました

大好きなショパン先生とはいえ、
やはり難しく、時間にも余裕がなく、
とにかく必死に練習したのをよく覚えています。

でも、幸せだったな~。

やっぱりショパンって良い!
楽しい!大好き!!
って噛み締めながら弾いてた。

1日何時間ピアノに向き合っただろうか・・・。

父も、母も、妹も、家族みんなが
「本当にピアノが好きなんだねぇ・・・」
と苦笑いするくらい、
試験が終わってもずーっとピアノを弾き続けました。

まとめ

そして1ヵ月ちょっとという
異例のスピードで1曲大体仕上げて
暗譜もほぼOKという状態まで持っていきました。

若いってスゴイなぁ・・・と、今でも思います。