%e6%a5%bd%e8%ad%9c%ef%bc%88%e8%8b%b1%e9%9b%84%ef%bc%89

併願受験をした某音楽大学

さて、センター試験、私大英文科、
と順々に試験を終えていき、
本命前の最後の併願入試、某音大を受験しました。

事件は実技試験の時に起こったのです。

声楽の試験、
私はずっと楽譜を見て良いものと思っていました。

ところがどっこい、
次々に呼ばれて試験場へ吸い込まれて行く受験生の皆さん、
楽譜を持っていないじゃないのよ。

 

もしや・・・

と思って持参した募集要項を確認。

暗譜でした。

待ち時間1時間弱で必死に暗譜。
なんとかなったから良かったものの・・・。

ピアノの実技試験でもプチ事件発生

試験官に高2の冬の講習会でお世話になった先生が!

実は冬の講習会に持っていった曲が、
なんの因果が志望校の課題曲と同じだったんですが、
この先生、「その曲はイージーソナタだからやめた方がいいわよ
と仰ったんです。

何曲も練習している余裕はありませんから、
併願校の受験も当然志望校のものと同じになります。

私は演奏中、心の中で
「イージーでどうもすいません(泣)」と、
必要もないのに謝罪の言葉を陳列していました。

また、「もしスケールを弾かさせられたらどうしよう」
という恐怖心とも闘っていました。

一応訓練はしたものの、未だにスケールは苦手なのです。

(もちろん弾かさせられるようなことはありませんでした)

ナメすぎていて反省は残ったものの、
良い練習の場になりました

いやぁ、もう、何というか、
申し訳ないやら情けないやら・・・。

IRIS16011456-3_TP_V

まとめ:結果は一体・・・?

ナメくさっていて申し訳ない限りだったのですが、
しかし一応「合格」というお墨付きを頂戴し、
幾ばくかの自信をつけて本命の試験に臨む事ができました。

それにしても、気が抜けすぎてましたね・・・。

音楽やるものとしては
やっちゃイカン事だったと反省・・・。