センター試験

主軸は何と言ってもセンター試験だった

自分の大学受験を振り返ると、
1にセンター、2にセンター、3,4もセンター、
5もセンターだったような気がします。

6ぐらいでようやく音楽・・・?

とにかく、センター試験を攻略すべく、
昼夜奮闘しておりました。

そもそもスタートラインが後ろすぎた

それもそのはず。

音大受験のつもりで、
ちっとも勉強してこなかった
私の学力が情けないことこの上なかったので、
センター試験2割という足切りさえ危うい状態でした。

担任の無謀な提案も受け流し、
独力中心にセンター試験の準備を進めてきたわけですが、
今までの積み重ねが無い分相当苦労しました。

dscf0086

学校にも塾にもついていけなかったが這い上がった

学校の授業にも、塾の授業にもついていけず、
あっという間に落ちこぼれになった私でしたが、
とにかく恥を捨ててあらゆる科目で「ゼロから」を合言葉に、
最も平易な参考書から始めて鼻息荒く這い上がりました。

世界史なんか二転三転どころではなく、
七転八倒よろしく何度も失敗して
打ちのめされて諦めかけましたが、
どうにかこうにか「自分なり」の勉強法を見出して少しずつ前進

苦手な数学も、
最終的には7割そこそこまで取れるようになりました。

科目は多ければ多いほうが良い

これは、実は中学の、
いや小学生の頃からその傾向にありまして・・・。

もんのすごーく得意な科目って無いんですよね、
悲しいかな・・・。

あ、音楽は置いといて、ね。

いわゆる「お勉強」科目では。

 

だから「英語なら武器になる」とか
「数学なら誰にも負けない」とか、そういうのが無い。

かわりに、本気を出せば
どの科目も割りと良い線まで到達するんです。

そんなわけで、私の場合は、
科目が増えれば増えるほど、有利になりました。

実際、そのおかげでセンター試験、
平均8割いきましたからね。。。

%e3%83%94%e3%82%a2%e3%83%8e%e3%81%ae%e9%8d%b5%e7%9b%a4

良い結果で締めくくれたのでヨシとする

山あり谷あり、
笑いあり涙ありの受験生でしたが、
希望した大学に見事合格し、
結果オーライなかんじになったので、
良かったんじゃないでしょうか。

自分もがんばったけれど、家族のサポートや、
先生方の応援があっての
合格だった事もちゃーんと自覚してますので、
本当に感謝してますよ。