センター試験

私が「音大受験だから」という逃げ台詞を吐けなくなった時、
それがまさに志望校決定のその瞬間でした。

高1の時、凄まじく思い悩んだ末に、
やはり自分は音楽をもっと深く学びたいんだと確信し、両親も説得し音大受験を決意。

高2の時、某音大の夏と冬の音大受験生向けの講習会へ。
音大を受験する気満々ですね。

しかし、高2の冬に志望校を変更。

東京学芸大学教育学部の音楽科を受験することに。
その志望校決定理由を一挙公開します。

ちょっとマジメに・・・自分の将来のコト

色々と、考えることはありました。

私は将来何をしたかったのかといいますと、
私の音楽を多くの人々に知っていただきたかったのです。

そうして、

エミエミ

その中のたった一人でもいい、少なくて構わない、
誰かの人生というか魂というか、そういうものに少しだけ影響を与えたい!

という情熱を持っていたのです。

それには、もちろん演奏家になるのが一番良いのですが、
それには才能と努力と運が必要です。
どうにかできるのは努力のみ。

そんな、現実性のあまりにも薄い将来を思い描くようなお年頃は、
とうに過ぎてしまっていたのです(遠い目)。

演奏家でなければ、教師になるのが一番の近道かなという思いが背景にありました。

そう、背景に。

志望校変更の真実とは一体・・・?

さて皆さん、よく考えて下さい。
私が志望校を決定したのは高2の冬。私は高2の冬に、某音大の講習会を受けていましたね?

さて、一体私の身に何が起こったのでしょう。

実は、その講習会が他でもない、志望校変更の決定打になっていたのです。

エミエミ

はっきり言って、ヘコみました。
自分のあまりの未熟さに。
だって、スケール(ただの音階)すらまともに弾けなかったんですもの。

そんなわけで、担当の先生に散々罵倒され
(ウソです。でもかなり辛いお言葉をいただきました)半ベソ状態。

講習会の真っ只中、ピアノの前で半ベソをかきながら
先生の叱咤激励を受けていた私の脳内で、志望校はいとも簡単に変更されたのです。
(いや、もちろん前述のような背景はありました。ただ、きっかけがね・・・苦笑)。

まとめ

こうして、実はなんとも安直な背景のもとで志望校が決定しました。

エミエミ

何度もしつこいようですが、もちろん真面目な背景のもとでの決定ですからね。ただ、きっかけがきっかけだっただけです

いよいよ「英語と現文だけ」必要だと思って浮かれに浮かれていた、
部活バカ、音楽バカが、世の受験生と同じく凄まじい量の「やらねばならぬ事」に直面していくこととなります。