勉強法

毎年年末は母の実家へ

我が家の慣習で、
毎年年末には母の実家へ行っていました。

自宅から車で2時間程度なので行きやすく、父の実家も近くなので、
母の実家に滞在し、元日には父の実家にも挨拶に行く、
という定番の流れができあがっていました。

年末年始といえば、しかし、
センター試験まであと1ヶ月を切っています。

家族で相談しましたが、
例年通り田舎へ行く事になりました。

ま、いまさらあがいてもね、というのもあったし、
勉強は別に田舎でもできますし・・・。

一本の電話

田舎へ行く2日前ごろに一本の電話がかかってきました。

祖母からで、
どうやらノロウイルスに感染してしまったとの事。

この一報を受けて、我が守護神、
母上様が黙っているわけにはいきません。

田舎へ行くの、やめ!!

母上氏の鶴のひと声で、
なんと突如として、田舎行きがキャンセルに!

祖母も私を気遣って連絡してくれたので、
「仕方無いね」との事でしたが、
ちょっと可哀相だったな。。。

センター試験

私を置いてってもいいよ、とは伝えたものの

「いや、私たちの誰かがもらってきたんじゃ意味がない」の一点張りで、
結局家族揃って普通に自宅で年を越すことに

年越しも勉強、勉強

そんなわけで、自宅にいる事になったので、
私はずっと勉強していました。

とはいえ、少しでも「年越し」を感じたかったのでしょう、
BGMに普段はかけないクラシック、
ベートーベンの交響曲第9番「歓喜の歌」を流しながら、
地学のまとめ作業を進めました。

気付いたら日付が変わっていて、
なかなかシュールな年越しとなりました。

0f36f6581a2fd8ecb852676458ba08a6_s

結局田舎へは・・・

で、結局田舎へは、祖母のノロウイルスが治ってから、
私を置いて3人で行ってくる事に。

私はその頃丁度佳境だったので
自宅で大人しくラストスパートに励んでいました。

たしかセンター試験まで
あと2週間を切った頃だったと思います。

まとめ

親戚一同をも巻き込んでドタバタの年末年始でしたが、
母は強しとは言ったもんで、
本当に必死だったんだなぁと今改めて実感しています。