SEP_355215221321_TP_V

国立大学で、うちの高校の卒業式より前に合否が分かるのは2校のみだった

高校の卒業式が一般的にいつ頃なのか
あまり詳しくは分かりませんが、
うちの高校は3月のかなり早い時期でした。

確か、私の本命大学の合否発表の
翌日だか翌々日だかだったような・・・。

 

で、それまでに合否発表が行われた
前期日程の国公立大学はうちの大学以外に
首都圏だともう1つだけでした。

後期日程もあるし、
うちの高校はやはり国公立受験生が多かったのもあって、
卒業式には半分くらいの生徒の進路が未定のまま。

みんな卒業式が終わってから合格報告とか、
浪人報告とかしに高校に行っていたようです。

合否はネットで確認できる時代に

東大の合否発表の様子がニュースなどで放送されて、
胴上げなんかが風物詩になっていますが、
今のこのご時世、大学入試の合否はネットで
簡単に確認
できるのです。

私も当然自宅で合否を確認。

 

所定の時間まで少し時間があったので、
通販サイトにアクセスしたところ、
そっちに夢中になってしまい、
合否発表の事なんぞすっかり忘れてしまいました。

発表時刻を少しすぎた頃、
母が「どうだった!?」と言って
パソコンのある部屋に様子を見に来て、
そこではじめて「はっ!!」となった私。

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

で、結果は、晴れて合格!

呆れる母を尻目に合否発表のページにアクセス。

手元には受験票。

目の前には合格者の受験番号が並んでいました。

数十秒後、自分の番号を発見し、安堵

 

センター試験が終わった段階で、
大分心に余裕があり、
二次試験でよほどのポカをしない限りは
大丈夫だろうと思っていたので、
そんなに大興奮にはなりませんでしたが、
じわじわと嬉しかったです。

担任に報告

その日のうちに高校へ出かけて
担任と音楽の先生に合格報告してきました。

私より担任の方がよっぽど喜んでくれたな・・・。

音楽の先生はいつもクールなので、
この時も「おめでとうございます」と
超事務的な口調で祝福していただきました。

 

そして「僕の後輩ですね」とさらっと衝撃発言

「え!!先生学芸だったんですか!?」

と驚く私に
「そうですよ。学科も一緒です」とさらっと宣言。

そんなサプライズもあって面白い合格報告となりました。