6817aa2aaae4b0b77cd4b3fdac069e5a_s

交錯する「3つの思惑」(と、私は勝手にそう思っている・・・)

小さな頃から読書が大好きでした。

物語も好きだし、学術書のようなものも好きだし、
とにかく、何でも、活字大好きだったんですね。

そして自分で言うのもお恥ずかしいのですが、
わりと、想像力豊かな方で、
特に物語を読んだ時の登場キャラクターたちへの
感情移入がすごかった
そうなのです。

 

しかしその想像力、
必ずしも作者の意図するところとピッタリと
合致するとは限りません。

また、現代文の問題作成者の意図するところと、
問題文を提供した作家さんの意図するところに
「ズレ」が生じるケースもままあります。

だから、原作者・出題者・解答者の
3つの思惑が交錯する
わけです。

「オマエは深読みしすぎだ」と言われた高校時代

高校生の時にお世話になった現代文の先生からは、
何度も

担任担任

「オマエはいちいち深読みしすぎだから、裏の裏の裏までかくんじゃないよ」


とご指摘いただきました。

別に論破するつもりじゃないのですが、
定期考査での先生の採点と解説に納得いかない時は、
とことんまで自分なりの解釈をぶつけに行ったものでした。

うわぁ・・・今思うと、イヤな生徒ですね。

しかも、言ってること、
きっととんちんかんだったんだろうなぁ。。。

解釈ってのは、どうしても主観的な要素が
入り込んでくるわけで、
それは頭ごなしに否定できるものでもないので、
きっと先生もそれ自体は認めてくださったのでしょう。

担任担任

でもな、点数取らなきゃ始まらないんだよ。


と常々言われ続けました。

問題演習や模試で躓いた「全部違う」現象

f70ffe00177307fdb7df0111caefd519_s

さて、そんなわけで、
「独自の解釈」というのがネックになっていた現代文。

 

当然躓くのが、マークシートで全部選択問題である
センター試験タイプの試験でありがちな
「5つの選択肢、どれもなんか違う」
というミラクル現象。

いやいや、正解が、あるのよ。
間違いなく、正解が、存在してるのよ。

それは分かってるんだけど、
消去法で出そうとすると全部消えちゃった・・・
なんて事はザラ。

独自の解釈に溺れて、
正解がクリアに見えてこないという
最悪の状況に陥る事もしばしばでした。

こればっかりは、ねぇ・・・。

対策としては、解説をきちんと読むこと

7e77c950db559ff2f4a97f738e0c35b5_s

まぁ、しかし「私はそうは思わん!」と
息巻いても点数が貰えるわけじゃないので、
諦めて人の意見、
人の解釈に目を向けるようにしました。

きちんと解説を読んで、
理解して、「なるほどね」と納得することで、
現代文の「問題」と「解答」の関係付けを
システマティックに捉えるようトライしたのです。

 

効果は・・・
うぅ~ん・・・あった、と信じたい・・・。

でも数学や英語と違って
「やればやっただけ身になる」という事ではなかったので、
あまり熱も入りませんでした。

まとめ

現代文は、センスと感覚と勘でも解けますし、
知らなきゃできない、覚えなきゃできない、
という科目ではなかったので、
運任せのままでしたね。。。

それよりもずっと問題だったのが古典でした。