東京学芸大学、エミ

毎年恒例!我が校での「音大受験生コンサート」

うちの高校では毎年1,2人の音大受験生がいて、
音楽の先生が補講を開いてくれたりと
結構手厚いサポート受けられます。

その一貫として、受験日の直前には
「音大受験生コンサート」たるものが開催されます。

ここで、受験生が、
自分の受験曲を披露するのです。

いわゆる「度胸付け」ってやつですね。

 

校内で大々的に告知するので、部活動の後輩や、
暇な先生方が来てくれたりします。

時々ゲストで、音大に進学した卒業生のコーナーなんかも設けたりして、
結構聴き応えもあり、人気のコンサート
なのです。

この年はピアノと歌で

私の他に1人いた音大受験生の子は声楽科だったので、
この時のコンサートはピアノ演奏と声楽のみ。

ゲストで、1つ上のピアノ科の先輩が来てくださって、
それはそれは見事なショパンを披露してくださいました。

 

私はピアノと声楽

伴奏はピアノの苦手な音楽の先生が引き受けてくださいました。

声楽科志望の子の課題曲の伴奏も、
先生が・・・(感涙

私が弾いても良かったのですが、
「受験生に余計な負担をかけるわけにはいかない!」
と気合で2人分4曲の伴奏を・・・!

感謝感謝です。

センター試験

で、上手くいったのか

さて、本番はどうだったのか。

一応つつがなく終了しました。

特にトチッたり、楽譜が頭から吹っ飛んだり、歌詞を間違ったり
そういう事故もなく、平和に終わりました。

 

ただ、慎重になりすぎて、安全運転に気を取られて
自由に表現するとか、のびのび歌うとか、
そういう開放感は無かったかなぁ・・・
と。

でも、それで良いんですよね。

だって、コンサートじゃないから。

あくまでも試験なのでね、今回の目的は。

まとめ:やはりこういう場は必要だと改めて実感

やってみて、やはりこのような「度胸付け」の場は
あったほうが良いなと実感しました。

人前で演奏する機会は決して少ない方ではないけれど、
試験ってやっぱり独特な空気感だし、
とりあえず私は聴きに来てくださった皆さんを「試験官」と
思い込んで演奏できたので、良いシミュレーションになりました。